525-0032
滋賀県草津市大路2丁目
        11番51号
※研修受講者用の駐車場はありません。
 
TEL:
(代表・総務部)
 077-564-6468
 
(教育部)
 077-564-6699
 
(訪問看護支援センター)
 077-564-6708
 
(ナースセンター)
 077-564-9494        
 
FAX:077-562-8998
qrcode.png
http://shiga-kango.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

Adobe Reader
ダウンロードはこちら

公益社団法人 滋賀県看護協会

335405
 

会長あいさつ

 

総会を終えて

総会を終えて
 
              

 

2019年度滋賀県看護協会

  通常総会を終えて

 

公益社団法人滋賀県看護協会 

会 長  廣原 惠子 

 

 

 去る6月15日、第67回滋賀県看護協会通常総会を6名の来賓のご臨席と会員408名のご参加とご協力のもと盛会に終えることが出来ましたことに感謝申し上げます。
   
 総会議案の30年度事業報告では、4点の重点事業に関して、その取り組みと成果が報告、その後に各職能委員長と7地区支部長からの活動報告と会計報告、令和元年度事業計画と予算報告があり、参加した会員の皆さまと共有いたしました。役員改選選挙もスム-ズに行われ、新役員の皆さまの協力のもと、昨年度策定いたしました滋賀県看護協会「看護の将来ビジョン」のもと、積極的に事業を進めていきたいと思っています。
 午後からは、滋賀県看護協会長表彰が行われ、永年の看護実践や看護協会の発展に尽力された看護職37名の受賞式と3年間看護職のワ-クライフバランス事業に参加された2施設(医療法人芙蓉会南草津病院、独立行政法人地域医療機能推進機構滋賀病院)のカンゴサウルス賞の贈呈式がありました。 カンゴサウルス賞を受賞された施設の代表者からの「この事業の自施設の取り組みを継続させ、安心して働き続けられる職場づくりに活かしていきたい」との言葉に、医療勤務環境改善の継続的な取り組みへの熱意やその努力に敬意と感動を致しました。
   
 また、総会の後の特別講演では、社会学者認定NPO法人ウィメンズアクションネットワ-ク理事長上野千鶴子先生に、テーマ「看護の専門性とは何か-医療と介護のはざまで-」で講演をして頂きました。先生の豊富な知見とご経験による看護職への期待故の医師や介護職ができない看護職でなければできないことは何なのかとの厳しい問いかけもあり、看護のプロとして、支援が必要なご本人(当事者)にとっての望ましいケアのあり方を考えさせられた内容でした。
   
 昨年度に策定しました滋賀県看護協会「看護の将来ビジョン」達成に向けて、患者・利用者・住民主体に考え、多職種とも連携や協働し、「三方良し精神で看護の力で滋賀を元気に!」していきましょう。
今年度の重点事業は、「協会の活動」の「事業計画」の通りです。皆さまのご協力やご支援を引き続きよろしくお願いいたします。

  

 

 【2019年度重点事業】 ※重点事業の詳細は「協会概要」をご覧ください!

 1.看護実践能力の強化
 1-1 教育計画等活用による看護実践能力向上への支援
 1-2 看護基礎教育制度における課題解決に向けた取り組み
 1-3 新たな認定看護師制度及び特定行為研修制度の活用推進
 1-4 災害対応力向上の支援
 2.地域包括ケアを支える
    看護の機能強化
 2-1 地区支部における地域包括ケアシステム推進に対応する看護職の育成と看護職ネットワークの強化
 2-2 在宅療養者への看護実践力向上支援
 2-3 地域住民へ介護予防や在宅ケア等に関する情報発信
 3.働き続けられる
  職場環境づくりの推進
 
 3-1 健康で安全な職場(ヘルシーワークプレイス)の推進         
 3-2   多様な職場への就業促進と定着
 3-3 医療勤務環境改善支援センターと連携強化による職場環境改善の支援
 4.組織力強化
 4-1 滋賀県看護協会「看護の将来ビジョン」の周知
 4-2 会員増加(入会率60%)をめざした取り組みの強化
 4-3 県民へ健康情報提供を通じた看護活動のピーアール強化
 4-4 70周年記念事業(2022)開催に向けた検討会の設置

 

<<公益社団法人 滋賀県看護協会>> 〒525-0032 滋賀県草津市大路二丁目11番51号 TEL:077-564-6468 FAX:077-562-8998