会長ご挨拶

 

新春に寄せて

新春に寄せて
 
              

 

 

 

三方良し精神で

”看護の力で滋賀を元気に”

ー更に看護の力を結集して 看護の発展につなぐ

 

公益社団法人滋賀県看護協会 

会 長  廣原 惠子  

   
 謹んで新春のお慶びを申し上げます。
 また、昨年からの新型コロナウイルス感染症対応には、あらゆる場において看護職の皆様の最善のご尽力に感謝申し上げます。
 この新興感染症により、社会や人々が看護の力や役割を改めて意識し再評価する機会となりました。看護職の不足等が明らかとなり、看護職の確保定着、感染症や災害等健康危機管理を含む多くの看護に関連する課題解決に向けた取り組みを強化していく重要性を実感します。
 
看護の発展につなぐ年に
 2020年12月に「Nursing Now記念事業」を行いました。保健師助産師看護師として各々の立場で滋賀の看護を牽引されてきた3名と認定看護師や訪問看護師として活躍する2名による記念シンポジウムでは、コロナ禍ではありましたが多くの参加者と看護への熱き思いを共有しこれからにつなぐ有意義な記念事業となりました。
 2021年の干支は「丑年」牛は大変な農業を地道に最後まで手伝ってくれる様子から、丑年は「我慢(耐える)」や「発展の前振れ(芽が出る)」を表す年になると言われています。新興感染症対応で明らかになった課題をチャンスとして課題解決に向けた取り組みを強化し、先輩方のこれからの看護職への期待を未来につなぎ、発展する年にしたいと思います。Nursing Nowキャンペ-ン「看護の力で健康な社会を!」も6月末まで延期となり、県内のあらゆる場で新型コロナウイルス感染症に向き合ったこれまでの看護力を生かし、更に看護の力で滋賀を元気になるよう看護の発展につなげていきましょう。

 滋賀県看護協会「看護の将来ビジョン」のもと事業推進を強化
 滋賀県看護協会の事業は「看護の将来ビジョン」のもと、活動を進めています。
あらゆる場で患者や住民を主体に考え活躍する看護職の熱い思いを結集し、看護職が一丸となって事業推進を強化していきたいと思います。
 新型コロナウイルス感染症の終息を願うとともに、2021年が皆様にとって佳き年でありますようご健康とご多幸をお祈り申し上げます
 今年、私が大切にしたい言葉は、『元気に!』多くの課題や困難『にもかかわらず』です。今年もどうぞよろしくお願い致します。
   
 
 
看護の力で健康な社会を!
<<公益社団法人 滋賀県看護協会>> 〒525-0032 滋賀県草津市大路二丁目11番51号 TEL:077-564-6468 FAX:077-562-8998