会長あいさつ

 

総会を終えて

総会を終えて
 
              

29年度事業はこれからが本番‼

 

公益社団法人滋賀県看護協会 

会 長  廣原 惠子

 

 真っ青な空の下、琵琶湖や比叡山の山並みが美しく爽やかな天候に恵まれた去る6月17日、第65回滋賀県看護協会通常総会を357名の出席と皆様のご協力のもと盛会に終えることが出来ましたことを感謝申し上げます。

総会の挨拶でも述べましたが、滋賀県看護協会は、昭和276月に当時の志の高い優れた先輩方のご尽力により、それまでの三職能バラバラの活動を一体化させ、日本で2番目に法人化する設立総会が開催され、滋賀県の健康水準や看護の質向上に寄与されてきた65年の活動の歴史があります。

 
 今年は、例年の総会議事内容に加え、名誉会員の推薦とその会員証贈呈式、65年目を記念して45名の方への滋賀県看護協会長表彰受賞式がありました。名誉会員や看護協会長受賞者の代表の言葉より、熱き看護への情熱や看護人生のあゆみ、看護協会の発展への期待を感じる機会となり、更に現場の声を吸い上げ、一人ひとりの看護への想いをつなぎ結集し、滋賀の実状にあった事業展開を推し進めていきたいと思った総会でした。
   

地域包括ケアが益々求められる今だからこそ、看護職がしっかり連携と協働し、一体となり、“看護の力で滋賀を元気に!”の合言葉で、各地域で看護職のパワ-を発揮し、患者・利用者さんや住民の笑顔あふれる健康な未来実現のために29年度も共に前進したいと思います。

以下の重点事業のもと、定款第4条の6事業を積極的に展開していきます。皆さまのご協力やご支援を引き続きよろしくお願い致します。

 

 【平成29年度重点事業】

 1.看護実践能力の強化
 1-1 新教育体系に基づく生涯学習の支援
 1-2 看護管理実践能力向上の支援
 1-3 社会のニーズに対応した実践能力の強化
 2.安心して働き続けられる
  職場環境づくりの推進
 2-1 看護職の労働環境改善の支援と推進
 2-2 ナースセンター機能の強化
 3.地域包括ケアを支える看護の
  機能強化
 3-1 地域包括ケアシステム構築に向けた看護職や多職種の
          連携強化と人材育成
 3-2   包括的母子保健推進における看護の機能強化
 3-3 訪問看護支援センター機能の充実
 3-4 滋賀県看護協会立の在宅ケアセンターみのりの健全経営と
      地域認知度の強化 

 

Adobe Reader
ダウンロードはこちら

公益社団法人 滋賀県看護協会

<<公益社団法人 滋賀県看護協会>> 〒525-0032 滋賀県草津市大路二丁目11番51号 TEL:077-564-6468 FAX:077-562-8998