本文へ移動

教育機器の使用・貸出

フィジカルアセスメントモデル「physiko(フィジコ)」
万能型成人実習モデル
「さくらⅡ」
小児看護実習モデル
「まあちゃん」

◆実習モデル等の活用と貸出について

滋賀県看護協会では、様々な施設で働く看護職の皆さんが教育の機会を得て、日々の看護実践に役立てていただけるように、『フィジカルアセスメントモデル「physiko』(フィジコ)」などの教育機器・機材を整備しています。地区支部や施設での研修にぜひご活用ください。 

   
  ≪教育機器 利用要項≫
1.教育機器リスト
機 器 名数 量
 *フィジカルアセスメント実習モデル 「physiko」(フィジコ)1
 *万能型成人実習モデル 「さくらⅡ」1
 *小児看護実習モデル 「まあちゃん」    1
 *採血・静脈シミュレータ 「シンジョーⅡ」   1
 *装着式採血静脈練習キット 「かんたんくん」   (5個組み)1
 *中心静脈栄養チューブ管理トレーナ1
 *吸引シミュレータ 「Qちゃん3
 *エマジン小型吸引器 「おもいやり」 2
 *手洗いトレーニング 「グリッターバグ」
2
   *沐浴人形 「新太郎くん」 「桃子ちゃん」2
 *CPRトレーニング人形「リトル アン」※AEDトレーナーは含みません。3
 *AEDトレーナー2(トレーニングパット含む)1
   *パルスオキシメータ フィンガー3
 上肢台2
 歩行用ガートル架2
 聴診器6
 DVD「山内豊明教授のフィジカルアセスメント」 全10巻  

2.利用対象者
  1. 管理する滋賀県看護協会長が適当と認めた県内の施設または団体
  2. フィジカルアセスメントモデル「physiko」については、モデルを使用しての研修をしたことがある者、またはフィジカルアセスメントに精通した講師、責任者がいること。
  3. 施設等の研修計画としての位置づけであること。

3.利用場所
  1. フィジカルアセスメントモデル「physiko」については、精密機器のため滋賀県看護研修センター内の研修室のみとし、持ち出しは不可とする。
  2. 利用者が指定した研修場所。

4.利用方法
1.研修機器の借用願を提出する。
フィジカルアセスメントモデル「physiko」の借用を希望する場合には、研修センターの研修室利用状況を確認し、施設の使用申込書を提出する。(研修計画書を添付すること
2.備品に不具合があった場合、紛失した場合、破損させた場合は速やかに看護協会長に申し出る。
3.教育機器の返却時には、必ず取扱説明書の後片付けに関するページを再読し、チェックリストに沿って確認のうえ、返却する。
4.フィジカルアセスメントモデル「physiko」については、看護協会職員が立ち会いのもとに後片付け等をおこなう。

5.費用
  1. 滋賀県看護研修センターを使用する場合は、規定に基づき会場使用料を徴収する。
  2. 教育機器の使用料は無償とする。但し、消耗品代として実費を徴収する。
  3. 運搬にかかる費用は、利用者負担とする。

6.注意事項
  1. 使用する前に必ず取扱説明書を熟読すること。
  2. 教育機器を取り扱う場合は、落下や大きなショックを与えたりしないよう丁寧に取り扱うこと。

7.実習モデルの禁忌事項
  1. モデルの上に資料等の印刷物を置かない。(印刷物のインクがモデルに移染するため)
  2. モデルにマジック等で書かない。
  3. 心臓マッサージは禁止。
  4. 目を手動で開けない。

◆様式・用紙

借用願

(2014-04-07 ・ 268KB)

研修センター使用申込書

(2014-10-07 ・ 131KB)

利用要項(PDF版)

(2014-03-31 ・ 147KB)

TOPへ戻る