525-0032
滋賀県草津市大路2丁目
        11番51号
※研修受講者用の駐車場はありません。
 
TEL:
(代表・総務部)
 077-564-6468
 
(教育部)
 077-564-6699
 
(訪問看護支援センター)
 077-564-6708
 
(ナースセンター)
 077-564-9494        
 
FAX:077-562-8998
qrcode.png
http://shiga-kango.jp/
モバイル版はこちら!!
バーコードリーダーで読み取り
モバイルサイトにアクセス!

 

Adobe Reader
ダウンロードはこちら

公益社団法人 滋賀県看護協会

272061
 

◆一般研修(ラダー別・トピックス)

   
   ラダー別研修では、看護師のクリニカル・ラダー(日本看護協会版)を活用し、看護の核となる4つの実践能力「ニーズをとらえる力」「ケアする力」「協同する力」「意思決定を支える力」と、「自己教育・研究能力」の向上を目指して、レベルⅠ~Ⅴの5段階習熟度で企画しています。
 トピックス研修では、全段階の看護職を対象にニーズの高い研修内容を開催します。
     
   
    開催月をクリックすると研修会の詳細が確認できます。
 
開催月                研 修 会 テ ー マ
6月
・プリセプター(実地指導者)研修~新人と共に成長する指導者を目指して~①②③
・新人研修~看護職として組織人としての意識の確立~①②③④
・<滋賀県立大学との共同開催>看護研究サポートリーダー育成研修
・<助産師職能委員会共同企画>事例から学ぶ!胎児心拍数モニタリングの判読とリスク診断の対応
・<助産師職能委員会共同企画>周産期の糖代謝状態の基礎知識と食事療法の実際
7月
・看護のバトンをつなぐ後輩を育てよう~教えることは学ぶこと~
・【インターネット配信研修】<災害支援ナース育成研修>(基礎編)
  災害支援ナースの第一歩~災害看護の基本的知識~
・次世代に繋げよう☆ジェネラリストの看護
8月
・看護過程をもう一度学ぼう!
・看護倫理~意思決定支援時における倫理的ジレンマを解決するために~
・子ども虐待防止に関わる三職能の活動~三職能の活動・連携で子ども虐待防止を図る~
・初めての看護研究~研究計画書を書いてみよう~
・コミュニケーションのスキルを習得しよう!~相手の思いを引き出し、大切な自分の思いを伝えるために~
・<災害支援ナース育成研修>災害看護(実務編)
9月
・一人の力をチームのために~チームメンバーとしての役割を発揮するために~
・看護実践者として取り組むリスクマネジメント~医療事故発生のメカニズムと事故分析・対策~
・ファシリテーションスキルを学ぼう!
・リーダーシップ Ⅱ~多職種間連携で力を発揮できる看護者に~
・初めての看護倫理~楽しく学んで、一緒にもやもやを語ってみよう!~
10月
・<保健師職能委員会共同企画>地域包括ケアシステム推進に果たす中堅保健師の役割
・看護職のメンタルヘルス~ストレスに負けない自分作り~
・医療安全管理研修会・交流会~医療事故発生時の対応に必要な法的知識~
・看護倫理~日々の看護場面における倫理的ジレンマについて考えてみよう~
・地域包括ケア時代の継続看護 Ⅰ~在宅療養を見据えた看護実践の基礎~
・リーダーシップ Ⅰ~中心的立場で活躍するために~
・口腔機能を学ぼう~安全に食べられる口作り~
・地域包括ケア時代の継続看護 Ⅱ~在宅療養を見据えた連携と協働~
11月
・看護倫理~倫理的感性の高い職場風土を構築するために~
・看護の本質~看護リフレクションを通して看護を探究する~
・がん患者のアピアランスケア
・看護実践がみえる看護記録~臨床の記載事例を通して看護記録の質向上をめざす~
・急変(意識障害・せん妄含)を見逃さないフィジカルアセスメント~主観的・客観的観点から考えよう~①②
・前向きでおだやかな気持ちですごせる~セルフコントロール方法~
・明日からもれなくチェックしよう!すぐに活かせるフィジカルアセスメント
 
・<実習指導者研修>学生と共に成長し、やりがいを感じられる実習指導について学ぼう
・災害看護フォローアップ研修
・ルールを守ってリスク意識を高めよう!
・【インターネット配信研修】認知症高齢者の看護実践に必要な知識
・三職能で考える看取り~死を迎える患者と支える家族への包括的支援~
 
<<公益社団法人 滋賀県看護協会>> 〒525-0032 滋賀県草津市大路二丁目11番51号 TEL:077-564-6468 FAX:077-562-8998