本文へ移動

新型コロナウイルス感染症への対応について

高齢者福祉施設向け新型コロナウイルス感染対策パンフレットを作成しました

 
高齢者施設向け新型コロナウイルス感染対策パンフレットを作成しました。
ダウンロードして、ぜひご活用ください。

【広報誌ナースレーク】新型コロナウイルス感染症対応特集号を作成しました

 
 滋賀県では、2020年3月5日に、初めての新型コロナウイルス感染症患者が発生して以来、その予防対策や対応に県内のあらゆる看護現場の看護職が最前線で全力奮闘してきました。
 さまざまな施設で奮闘してきた感染管理認定看護師や看護管理者のこの1年間の活動を「特集号」として企画いたしました。皆さまと活動を共有し、「三方良し精神で 看護の力で滋賀を元気に!」できるよう頑張っていきましょう!

新型コロナウイルス感染症のための県内医療機関の看護職応援派遣調整事業

 コロナウイルス感染拡大が危惧される中で、地域住民が安心して医療にかかれる体制を維持することが求められています。
 感染症は充分な注意を払っていても拡大の可能性を秘めており、万が一感染拡大した場合にどのように医療や看護を継続して提供していくかが重要となり、平時から県内医療機関の看護職応援体制を整えておくことが必要となっています。
 そこで、看護師派遣に関する調整事業を下記実施要綱により実施することとなり、1月4日に県内の病院にはご依頼の文書と共に送付しました。目的をご理解の上、ご協力をお願いいたします。

実施要綱

(2021-06-08 ・ 506KB)

日本看護協会会長から国民の皆さま、看護職の皆さまへメッセージ 11月26日

「♯NursingNow_いま私にできること」キャンペーン

 
 日本看護協会では、ツイッターで「#NursingNow_いま私にできること」#(ハッシュタグ)キャンペーンを実施しています。本キャンペーンは新型コロナウイルス感染症の拡大・長期化から、日本の医療を守るために、国民一人一人に「自身が感染しないこと」のメッセージを届けること、最前線で働く「看護職へのエールを送る」ことを目的としています。ツイッター上に「#NursingNow_いま私にできること」を含むツイート(投稿)をお願いします。
 
 
 
 

会員・看護職の皆さまへ

 
【現在、看護職の免許をお持ちの方で就業していない方へ復職のお願い】
 
 新型コロナウイルス感染症による感染の拡大に伴い、
医療・介護施設等で看護職の就業が求められています。
 ご協力いただける場合は、
ぜひナースセンターまでご連絡、ご相談下さい。
 
 
   T E L :077-564-9494
   F A X :077-562-8998
   メール:nurse-center@shiga-kango.jp
 
TOPへ戻る